レコードならではのアナログの魅力

レコードならではのアナログの魅力

音楽を聴く際には現在ではCDを購入している方も多いですが、古い時代に作られたレコードも若い世代から注目されるようになり、アナログ故の魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。
CDの場合はプレーヤーを使って簡単に音楽を聴くことができ、リモコン操作で曲を瞬時に変えられる便利さがあります。
レコードの場合はまずはプレーヤーの蓋を開けて盤面をターンテーブルの上に置き、更に針をレコードの縁の部分に置く作業が必要とされます。
いきなり音楽が刻まれている部分に置いてしまうとその部分が破損してしまう可能性があるので、必ず縁の無収録の部分に慎重に針を置くことが求められます。
途中でストップさせることはできますが、最後まで音楽を満喫した後には、盤面の埃を取り払うように専用のクリーナーを使う作業も必要です。
毎回ではなく埃が目立っている時にクリーナーを使う方法で問題はありませんが、クリーナーを用いる際にはCDとは異なり盤面に対して円を描くように拭き取りをする方法です。
手間はかかってしまいますが、アナログだからこそ必要な作業になり同時に針に付着している埃を拭き取るなど、若い世代の方は経験したことが無いような魅力があるのではないでしょうか。

自然な音が流れるレコード 心がリラックスする音楽

毎日の生活で大きなストレス、身体的または精神的疲労を抱えてはいませんか?レコードは、心がリラックスするような音楽が流れてきます。
自然音には雨が大量に降ってくる音、川の水が流れる音、風がそよそよと吹いている音などがあります。
私たち人間がこのような自然音に触れると、心がリラックスし、日々のストレスや疲労が癒されます。
この癒しは間違いなく、私たちの生活に良い影響を及ぼすでしょう。
文明が発達し、自然との距離が広がってしまった現代では、森林や川、海などといった自然に接することがあまりないのだと思われます。
そんな中、レコードという古風な音源で自然な音を聴くということは、私たちにとって貴重な体験となると言えます。
先に述べたように、自然な音にじっくりと耳を傾けることは私たちの身体的健康、心理的健康にプラスとなるでしょう。

レコードに関する情報サイト
レコードの仕組み

最近のオーディオの流行りはハイレゾで、CDが売れない時代にアナログレコードの生産枚数は世界的に見ると前年比で2倍以上の著しい伸びを示しています。
ジャケットから取り出し、プレーヤーに乗せ針を下ろしスピーカーと対峙し解説書を読みながら音楽に没入するという行為が魅力的になっているのです。
昔聴いていた盤を引っ張り出して、あの頃を懐かしみながら聴いてみようというシニア層から初めてプレーヤーを買ってみた人までその魅力を語っていきます。

Search